○基本皁E用誁E/B>

     自然治癒力 EしぜんちめEめEEE/B>
     忁Eが不調に陥った際、E刁EE身が生まれ持っぁEBR>      体EのシスチEを使って痁Eを回復させてぁE能力、EBR>      風邪がE然と治ったり、Eり傷めE肉の痛みが時閁EBR>      の経過と共に回復したりする現象、EBR>      他にも、E臓E般めEEルモン、神経系などにも働ぁE
     おり、人間E体Eてを不調から守る働きをしてぁE、E/FONT>

     好転反応(こぁEんEんEぁEE/FONT>
     好転反応とは、身体が悪ぁE態から良ぁE態に
     向かってぁE過程で起こる反応E事です。反応に
     はさまざまな痁Eがあり、E方にも個人差があめEBR>      ます。しかし、どれも一時的なもEで身体が良ぁEBR>      状態で安定すれE、治まりますEでご安忁EさぁEEBR>
     


○筋肉・骨格関連の痁Eに関連する用誁E
側わん Eそくわん!E/B>
背骨が横に曲がり、多くの場合E背骨自体Eねじれを伴ぁEす。大部刁EE学童期E後半から思春期に発生します、EBR>
E脚 EおおきめEEE/B>
両膝がEの字Eように外Eに湾曲したE脚。実E生まれたときE誰で0脚なのですが、E長するとともにほとんどの人が改喁Eれます。しかし、E長してもO脚Eままだったり、Eを傷めやすい生活習Eを行ってぁEと、E齢になってから「変形膝関節痁Eを引き起こすこともあります、EBR>
E脚 Eえっくすきゃく!E/B>
E脚E、E脚とは送E「両側の膝付近を中忁Eした外E凹の変形」を言ぁEす。X脚E、足を揃えて立とぁEすると、EがEつかり足を揃えて立つことのできません、EBR>
外反母趾 EがぁEEんぼし!E/B>
親持EEつけ根が外Eを向き、小指の方へ曲がってぁE状態で通常、痛みを伴ぁEす、EBR>
オスグチE・成長痛(せぁEめEつぁEE/B>
小学校高学年から中学生に多く見られ、E長期に膝Eお皿の下が痛く腫れたりする症状です、EBR>
○E律神経Eホルモンの痁Eに関連する用誁E/B>
自律神経 EじりつしんけいEE/B>
自律神経E、体Eの様、E働きをコントロールしてぁE大刁E神経です。E律神経には「交感神経」と「副交感神経」EE種類があります、EBR>
交感神経 EこぁEんしんけぁEE/B>
自律神経系のEつで、激しい活動を行ってぁE時に活性化します、EBR>  例)血圧↑、忁E数↑、血管を狭めるなど

副交感神経 EEくこぁEんしんけぁEE/B>
自律神経系のEつで、主な仕事E、体を修復することです、EBR>  例)血圧↓、忁E数↓、血管を庁Eるなど

自律神経失調痁EEじりつしんけいしっちめEEE/B>
自律神経失調痁Eは「交感神経」と「副交感神経」Eバランスが崩れてしまぁE体や忁E不調をきたしてぁE状態をぁEます、EBR>
ホルモン
ホルモンは、血液を通して体Eを循環して、体E吁E刁EE働きを調節するための惁E伝達の役割があります。人の体には、男性ホルモン、女性ホルモン、E長ホルモンなど、いろいろなホルモンがあります、EBR>
○忁E皁E痁Eに関連する用誁E/B>
恐怖症EきめEふしょぁEE/B>
特定Eある一つのもEに対して、他人には不可解な琁Eから、忁E学皁EおよE生理学皁E異常な反応を起こす痁Eです、EBR>
トラウチE/B>
衝撃皁E肉体的、精神的ショチEを受けた事で、つくられた忁EE傷を指します、EBR>
忁E痁EしんしんしめEEE/B>
体E痁Eの中で、その発痁E経過に忁E皁E要因が関与してぁE痁EEを言ぁEす、ESTRONG>
 
 そE他、わからなぁE語がござぁEしためEBR> お問合せください、E/A>